クラウドワークスって稼げる?掲示板の悪い口コミを徹底分析

管理人アイコン(小)

ライター:キズ

主婦歴11年(子2) / 美容ライター / WEB講師

2011年WEBサイト運営を開始。運営を起動にのせてコンサル担当にシフト。現在は主婦でも稼げるWEBワークを伝えつつ、美と仕事に頑張る女性を応援しています。

仕事を発注したい「クライアント」と仕事を受けたい「ワーカー」をまとめ、企業間から個人間まで幅広いビジネスの交流をサポートするクラウドソーシングサービス。

このクラウドソーシングの中でも、とくにたくさんの会員を抱えるサービスが「クラウドワークス」です。

そんなクラウドワークスで副業を始めようと思っている方や他サービスから乗り換えようと思っている方は、サービスの良し悪しや口コミが気になる方も多いことでしょう。

そこでこのページでは悪い口コミの実態調査と、管理人が実際に使用したデータを紹介します。

クラウドワークスの基本情報と特徴

クラウドワークスのトップページ

「クラウドワークス」は国内最大級のクラウドソーシングサービスです。会員数は300万人を超え、同業種の他サービスと比較しても最大級のサービスです。

登録されている仕事も幅広く、ホームページ作成から口コミ投稿までさまざまな仕事があり、その中から自分に合った仕事を選べます。

クラウドワークスの特徴①|使用料は基本的に無料

クラウドワークスの使用料は基本的には無料です。

クライアントは有料オプションとタスク形式の仕事を依頼しない限り、システムを利用する金額は一切かかりません。つまり無料で求人を出し続けられるという、クライアントにとって大きなメリットとなります。

ちなみにタスク形式を依頼する場合は、保証料として最低300円の支払額が必要です。

ワーカーの場合は仕事を完了し、報酬が発生するまで無料でシステムを利用できます。報酬発生時のシステム使用料は以下の通りです。

10万円以下の場合 報酬額の20%(税別)
10万円超~20万円以下の場合 報酬額の10%(税別)
20万円超の場合 報酬額の5%(税別)
タスク形式の場合 報酬額の20%(税別)

仕事が決まらない中、利用料だけ払い続けることがないのは、クライアント・ワーカー共にとても安心できますよね。

クラウドワークスの特徴②|3つの形式から選べる依頼

クラウドワークスでは「プロジェクト形式」「コンペ形式」「タスク形式」の3形式から依頼を選べます。

クラウドワークスの報酬制度

プロジェクト形式ではクラウドワークスでプロ認定された優秀なパートナーと共に、1対1で相談をしながら仕事を進められます。ホームページ制作やシステム開発など、長期で細かい仕事を進めていくかたに向いています。

コンペ形式では、依頼に対してたくさんの「提案」が集まります。その中から「この提案はいい!」という応募者を自由に選び採⽤する形式です。どんな方にお仕事を依頼するかだけでなく、どんなお仕事をしてくれるかまで選考の基準にできるため、似顔絵作成やロゴ制作などのデザイン発注にとても向いています。

タスク形式では複数のワーカーに一括で大量の仕事を依頼できます。例えば「100人分のアンケート回答が欲しい」や「口コミや感想が欲しい」などのお仕事に向いています。

このように形式を分けることで、クライアントもワーカーも仕事の流れをやどんな仕事をすれば良いのかをはっきりと認識できるのです。

クラウドワークスの特徴③|時間単価製と固定報酬制の2制度

クラウドワークスの報酬には「時間単価制」と「固定報酬制」の2種類があります。

時間単価制では、ラウドワークスが提供するタイムカードアプリで稼働時間を記録し、働いた時間に対して時給換算で報酬が支払われます。

固定報酬制では「5000文字の記事を執筆」や「レビューを5つ書く」など、プロジェクトを完遂させることで報酬が支払われます。

この2制度により、クライアントはコストを抑えた仕事の発注を選択でき、ワーカーは自分のワークスタイルに合った仕事を受注できるのです。

クラウドワークスの特徴④|報酬支払の安心仮払いシステム

クラウドワークスはクライアントとワーカーの間で金銭の揉め事が起きぬよう、仮払いシステムを導入しています。

仮払いシステとはクライアントが支払う報酬を事前にクラウドワークスが預かり、ワーカーが仕事を完了したらクラウドワークスから支払われるという仕組みです。

短期的な仕事が多いクラウドソーシングビジネスにおいて、クライアントとワーカーの信頼関係の構築は難しく、このようなシステムがあることでワーカーは安心して仕事を受けられます。

またクライアントも大企業から個人まで平等に仕事を発注できるのです。

クラウドワークスの特徴⑤|認定ワーカーシステムでプロ認定が受けられる

クラウドワークスには「認定ワーカー」という制度があります。この制度では以下の基準をクリアすること「プロワーカー」になれます。

  1. 納品完了率(固定報酬制) 90%以上(過去1年間)
  2. .総合評価 4.8以上(過去累計)
  3. 獲得報酬額 月間200位以内(過去1年間で1回以上)
  4. スカウト数 5回以上(過去1年間)
  5. コミュニケーション評価 4.8以上(過去累計)
  6. プロフィール&自己PR 入力済(過去1年間)

基準をクリアしたプロワーカーは、仕事の依頼を確実に遂行でき、良質な仕事を熟すことから高い金額の依頼を多く受注できます。

またクライアント側も、安かろう悪かろうの仕事に泣くことなく、質の高いパフォーマンスを得られます。

クラウドワークスの口コミと評判をリサーチ

クラウドワークスの口コミを大手掲示板サイト5ちゃんねるから調べてみました。さらに口コミの真相までリサーチしています。

登録後に迷惑メールが多数くる

迷惑メールに関する口コミ

クラウドワークスに登録後、迷惑メールや勧誘メールが来るようになったという口コミは少なくありませんでした。

クラウドワークスに登録した途端に変なメール来た。「LINE登録しろ」や「コピペだけで高収入」など、怖すぎ。
参考5ch.net

実際に登録して調べてみたところ、登録したアドレスに直接迷惑メールが来ることはありませんでした。

しかし登録して数日すると、クラウドワークスを経由した勧誘メールがいくつくか届きました。

迷惑メール

このような勧誘メールにはたいてい、LINEや外部ページへのリンクが設置されており、誘いにのってしまうとそこからさらにメールアドレスが漏れ、迷惑メールが大量に送られてきます。

また普通ののお仕事をしたつもりでも、クライアントとスムーズな連絡を取り合うつもりでメールアドレスを公開してしまうと、実は悪質業者だったということもあるようです。

とくに「カンタン在宅ワーカー」に登録していると、無知な初心者と思われ、怪しい勧誘メールが増えるという話も。

このような迷惑メールの対策として、外部へのリンクには注意すること。そして無闇にメールアドレスを公開しないことです。

しかしいくら注意していても、迷惑メールが来ないとは言えません。どうしても排除したい場合は、登録するメールアドレスに大事なアドレスを使わないようにしましょう。

クラウドワークスで月3万円稼げるか

稼げる金額についての口コミ

クラウドワークスで稼ぎたいと思っているビギナーにとって、一番気になるのは「実際どれほど稼げるのか」という問題。口コミでも「月3万円稼げる?」という質問がありました。

クラウドワークスで副業月3万っていける?
参考5ch.net

結論を言えば能力の有無に関わらず、クラウドソーシングビギナーが1ヶ月~2ヶ月で3万円を稼ぐのはとても難しいです。

1ヶ月目は仕事を探して受注するだけでも苦労する方も多いでしょう。また3万円以上稼ぐためには、効率よくコンスタントに仕事を熟していかなければなりません。

そのためプログラミングやイラストなどの基礎能力がない方はとても苦労します。逆に言えば基礎能力さえあれば、立ち回り次第で10万円以上稼ぐことも可能です。

エンジニアかデザイナーでうまく立ち回れれば余裕
参考5ch.net

20万円以上を稼ぎたいのであればクライアントの信頼を勝ち取って長期的な仕事を受け持ったり、認定システムによる「プロワーカー」になれるよう努力することが大事です。

素人は稼げない

素人は稼げないについての口コミ

クラウドワークスで仕事をしようと考える方は、誰でも「稼ぎたい」と思っていることでしょう。はじめて利用しようと思っている方はとくに気になるはず。

口コミを調べてみると、素人ではほとんど稼げないという口コミが見られました。

素人じゃほとんど稼げないから辞めた方がいい。報酬が高いものほどスキルがいる。
参考5ch.net

正直に言って、これは事実です。

クラウドワークスには「アンケート回答」や「名刺打ち」など、だれでも簡単にできる仕事がいくつもあります。しかしそのほとんどは低単価の仕事ばかり。

いくらこなしても稼ぐには程遠いものです。

ガッツリ稼ぎたいのであれば、イラストやプログラミングなど、単価の高い仕事を効率よく熟していくのがベストです。ライティングスピードに自信があれば、記事ライターなどもおすすめですが、文字単価が安いという口コミもありました。

クラウドワークスの文字単価は安い

文字単価に関する口コミ

記事ライティングの文字単価1円以上が相場のところ、クラウドワークスでは文字単価0.5円を切る仕事はザラにあるようです。

文字単価1円を超えると応募が殺到するという口コミまでありました。

世の中には文字単価0.5円でしか働けない人がいる。
参考5ch.net

1文字1円 2000字 定員1名のお手軽案件に100人応募とか見た。どんだけ糞な案件が増えてるんだ!
参考5ch.net

初心者からすれば1文字0.5円でも実績を積んでいくのには不足ないお仕事です。しかし何度もライティングを熟しているベテランワーカーにとっては、力量を活かしきれない単価です。

そのなかでも稼ぐためには「SEOの知識を身につける」「専門資格取得」「継続して同じ業者と仕事をする」などの強みを、身に付けることが必要でしょう。

手数料が高すぎる

手数料に関する口コミ

クラウドワークスのワーカー手数料は、報酬が10万円以下の場合だと20%も引かれます。10万円を超えると10%まで下がりますが、報酬額が20万円を超えると一律で5%の支払いが必要です。

口コミの中には「たくさん稼いでも手数料が高すぎてやる気が失せる」という声もありました。

60万円稼いだのに手数料で3万円もっていかれる。手数料でやる気が失せる。
参考5ch.net

確かに60万円稼いでも手数料だけで3万円引かれるのは、冷静に考えるとショックです。しかし口コミの中には真逆の意見もありました。

「クラウドワークスがなければ稼げなかったお金」という口コミです。

俺なんか毎月かなりの金額システム利用料として献上してるけどクラウドがなければ生まれてなかった売り上げだからありがたやありがたやだわw
参考5ch.net

クラウドワークスで副業しているワーカーは、ショップや飲食店のアルバイトでは行かせない能力を発揮できています。確かにクラウドワークスがなければ稼げなかった報酬と言えるでしょう。

また他のサービスと比べて特段手数料が高いわけではなく、競合他社の「ランサーズ」でも全く同じシステム手数料となっています。

まとめ

クラウドソーシングサービスの中で最大と言われる「クラウドワークス」は、利用者が多い反面悪い口コミも多数見られました。

口コミでは「稼げない」などの意見も多く見られましたが、そのほとんどは能力が不足しているからです。

認定システムにより「プロワーカー」になったり、資格取得やハイスペックな能力を身につければ、月に20万円以上稼ぐ方もざらにいます。

ただしビギナーのうちは、時給換算すると数十円~数百円のとても安い仕事で実績を積まなければならないこともあるようです。

総評としては、他のクラウドソーシングサービスと比べても利用しやすさは同等か勝るほどです。ネット副業で稼ぎたいのであればおすすめするサービスですよ。

副業
キズログ(KIZULOG)