ポイントサイトで現金化する方法は?即日現金化する方法

管理人アイコン(小)

ライター:キズ

主婦歴11年(子2) / 美容ライター / WEB講師

2011年WEBサイト運営を開始。運営を起動にのせてコンサル担当にシフト。現在は主婦でも稼げるWEBワークを伝えつつ、美と仕事に頑張る女性を応援しています。

ポイントサイトで貯めたポイントをいち早く現金に交換したいと思っている人や、ポイントを現金化する方法を知りたいという方のために、ポイントサイトでより早く現金を作り出す方法を紹介します。

ポイントサイトで貯めたポイントを現金化する方法

ポイントサイトは広告へ登録や課金を行うことでポイントが付与されます。付与されたポイントは銀行振込・電子マネー・ギフトカードなどに交換することで現金として所持できたり、ショッピングに利用できるポイントへ換金できるのです。

現金へ変えたい場合は銀行振込にすると、早ければ即日現金として引き出せます。

一番早く現金化できるポイントサイトは?

ポイントサイトは運営会社によって、ポイント交換の日数が異なります。

まずは有名ポイントサイト14社のポイント交換日数を比較してみました。

サイト名 セブン銀行 楽天銀行 その他銀行 電子マネー ギフト券
げん玉 即時 即時 即時 即時 即時
モッピー 即時 5日以内 5日以内 即時 即時
colleee 即日 即日 即日 即時 即時
G point 7日前後 即時 7日前後 即時 即時
ECナビ 即時 翌日~1週間 7日前後 10日前後
ポイントタウン 2営業日 2営業日 即時 即時
ポイントインカム 2営業日 2営業日 翌営業日 翌営業日
ちょっぴリッチ 3営業日 3営業日 即時 即時
ハピタス 3営業日 3営業日 3営業日 3営業日
チャンスイット 4営業日 4営業日 4営業日 4営業日
GetMoney! 4営業日 4営業日 4営業日 4営業日
ライフメディア 4~10営業日 4~10営業日 翌営業日 翌営業日
すぐたま 2週間 2週間 2週間 2週間
アメフリ(i2i) 毎月20日 毎月20日 5営業日 5営業日

比較の結果、一番早く現金化できるサイトは「げん玉」でした。ほぼ全ての銀行振込をリアルタイムで換金できます。

また銀行だけでなく電子マネーやギフトカードもリアルタイムで換金できました。

次に早いのは「モッピー」です。セブン銀行であればリアルタイムで換金することが可能であり、電子マネーやギフトカードはどれもリアルタイムで換金できます。

すぐにポイントが貯まる案件は?

即時で換金ができるとはいえ、ポイントが溜まっていなければ換金をすることはできません。

クレジットカード発行案件や口座作成案件は、本人確認やカード発行が必要なため、ポイントが付与されるまでに2週間~1ヶ月の時間がかかってしまいます。

そこで登録(課金)後30時間以内にポイントが付与される案件を紹介します。

SPMovie(50,000円コース)

スマホ専用の月額公式サイトです。月額50,000円コースに入会すると30,000万円分のポイントを獲得できます。

すぐに現金化できるものの、実質の損益は-20,000円です。

また月内に解約しなければ翌月も50,000円請求されるので注意しましょう。

ケチコミ(30,000円コース)

スマホ専用の月額公式サイトです。月額30,000円コースに入会すると24,000円分のポイントを獲得できます。

すぐに現金化できるものの、実質の損益は-6,000円です。

また月内に解約しなければ翌月も30,000円請求されるので注意しましょう。

HAPPY動画(10,000円コース)

スマホ専用の月額公式サイトです。月額10,000円コースに入会すると8,200円分のポイントを獲得できます。

すぐに現金化できるものの、実質の損益は-1,800円です。

また月内に解約しなければ翌月も10,000円請求されるので注意しましょう。

U-NEXT

31日間無料登録できる動画配信サービスです。月額2,400円のサービスへ入会すると1,100円分のポイントを獲得できます。

すぐに現金化でき、当月解約すれば完全無料で利用できるため損益は+1,100円です。

ただし解約が漏れた場合は翌々月から2,400円請求されるので注意しましょう。

TSUTAYA

30日間無料登録できる動画配信サービスです。月額2,417円のサービスへ入会すると400円分のポイントを獲得できます。

すぐに現金化でき、当月解約すれば完全無料で利用できるため損益は+400円です。

ただし解約が漏れた場合は翌々月から2,417円請求されるので注意しましょう。

まとめ

ポイントサイトを利用すれば、即日数万円を現金化することも可能です。

しかしU-NEXTやTSUTAYAのような初月無料案件でない限りは、翌月に多額の請求が訪れます。

即日現金化という甘い言葉に惑わされず、コツコツ貯めていくことをおすすめします。